ビフィズス菌効果のビフィズス菌は有用菌です

ビフィズス菌効果!知ってますか?

 

ビフィズス菌は腸内環境バランスを整える効果があります

 

ビフィズス菌は腸内細菌です

 

 

善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌が腸内環境を改善します!

 

善玉菌を活性化させ有用菌数を増やしましょう

 

善玉菌!乳酸菌ビフィズス菌を活性化させ腸内環境を整える

 

乳酸菌ビフィズス菌の善玉菌はお腹の中で有益に働きます

 

善玉菌の比率は悪玉菌の2倍くらいが適切です

 

つまり善玉菌2:悪玉菌1の比率が最適とされています

 

悪玉菌の比率が善玉菌を上回ると

 

日和見菌とい言われる優勢な強い菌に味方する菌全てが

 

悪玉菌の味方になってしまうので

 

善玉菌を活性化させ腸内での優勢を維持しておく必要があります

 

乳酸菌やビフィズス菌は加齢とともに減少ししていきます

 

おなかの赤ちゃんは善玉菌ビフィズス菌の塊です

 

出産から毎日細菌を増やし善玉菌の比率が年々減少していきます

 

60歳くらいになるとビフィズス菌は1%g程度まで減少してくるのです

 

こうなると善玉菌を生きたまま腸まで届ける必要があります

 

生きたまま乳酸菌や善玉菌を腸まで届くサプリメントも多く発売されています

 

外部から乳酸菌を生きたまま補給しても

 

腸管ないで生き残るのは難しいと言われています

 

そういった意味では、食品から乳酸菌を摂取したほうが長期的に腸に良いと言えるでしょう

 

毎日の食生活で食物繊維や乳酸菌などの発酵食品を摂取しましょう

 

特に発酵食品を積極的に摂取することが大切です

 

日本古来の麹や塩麹・甘酒や酢・醤油・味噌などすべて乳酸菌などの善玉菌を多く含んでいる細菌類です

 

菌だけでなく

 

腸内細菌を活性化させることも重要です

 

腸内細菌善玉菌のエサになる食物繊維を多くとりましょう

 

 

オリゴ糖も乳酸菌のエサになるので補給するようにしましょう

 

ヨーグルトやキムチ・納豆など毎食摂取するとよいですね

 

もちろん各種類の乳酸菌を摂取する必要があります

 

自分の腸管に生息する善玉菌に一番適した乳酸菌を選んで補給することが大切です

 

例えばヨーグルトなら、

 

1~2週間継続して摂取して

 

お腹の調子が良い方向に変化する乳酸菌を選んで摂取する事が大切なのです

 

 

 

選べるタイプに乳酸菌

 

選べるタイプに乳酸菌もあります

 

1週間とか2週間のように数種類の乳酸菌を交互に摂取する必要性があります

 

乳酸菌を飲みたい時は、悪玉菌が減少しているサインでもあるのです

 

 

子育てにはママの乳酸菌健康生活が大切です

 

腸内環境を整えて、乳酸菌善玉菌を増やしましょう

 

2粒で50000億個の乳酸菌を選べる事が出来るのです

 

乳酸菌が配合されている乳酸菌がおよそ5000億個
デル
乳酸菌は整腸作用にも効果があるので、乳酸菌の種類と量を5000億個も、

 

摂取直ぐに電話一本で腸内バランスを整える乳酸菌サプリを飲むことが出来るのです

 

例えば活力のある乳酸菌や植物性乳酸菌がいいと言われる方の為に

 

発想を変化させた新タイプの乳酸菌がおすすめです

 

綺麗になる日は体内環境を整えてから

 

年齢とともに乳酸菌は年々減少しています

 

普通の生活をするように自然にスッキリが好ましい乳酸菌効果ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

更新履歴